【動画】《ロヒンギャ》の男性「命がかかっているんですよ、命が!」3本の指を立て抵抗運動→18年間申請通らず、改正入管法施行で“強制送還”か

注目の記事

【TBS】10日施行された「改正入管難民法」。外国人の送還などのルールを見直す法律なんですが、祖国で迫害を受けた人達からは不安の声が聞こえてきます。

■「人生どうなる」難民申請中に強制送還も 10日施行「改正入管法」 ミャンマー出身・少数民族ロヒンギャ ミョーチョーチョーさん 「今回の入管法にどうすればいいか、結構悩まさせていて」 18年前、祖国の軍事政権から逃れてきたミョーさん。

今後は強制送還となる恐れがあるというのです。

命がかかっているんですよ、命が」 去年成立した「改正入管法」。改正前、難民申請中は本国に送還されることはありませんでしたが、改正法では、難民申請を原則2回までとし、3回目以降からは相当の理由を示さない限り、強制送還が可能になります。ミョーさんはこれまでに3回、難民申請を行いましたが、認められませんでした。

ミョーチョーチョーさん 「難民申請3回で強制送還が可能ということは、僕らの人生どうなるんですか。日々不安だらけです」 ミョーさんは母国で迫害を受ける少数民族ロヒンギャで、当時、アウン・サン・スー・チー氏が率いる政党にも所属していました。傷を負いながらも命がけで軍と対峙してきたといいます。

ミョーチョーチョーさん 「戦いを続ける中で、親友2人が亡くなっている」 拘束され、耐え難い拷問を受けたことも…

ミョーチョーチョーさん 「裸状態で何も出来ない状態で拷問されて。結構叩かれて、毎日毎日」 日本に逃れて18年。今も難民と認められていません。 日本で難民と認定されたのは202人で、認定率は2%。難民条約に批准している他の国と比べると、認定数、認定率ともに極端に低くなっています。 10日、国会前では多くの人が抗議の声を上げました。

デモ参加者 「(改正法は)排外的なメッセージを発信することと同じだと思っています」

デモ参加者 「他の諸外国と比べて、難民認定率が低いということを何も改善せずに送還しようとしている。本当に恐ろしい。亡くなる人とか出てきたら、どういうふうに責任を取るのか」

デモに参加したミョーさんは3本の指を立てていました。ミャンマーでは抵抗運動のサインです。

ミョーチョーチョーさん 「家族と平和で安定している毎日を暮らしたい。でもそれが出来ないから、日本で長年何回も難民申請を出してお願いをしている。難民申請に対してちゃんと審査をしてほしい」

■3回目以降の申請 強制送還可能に 藤森祥平キャスター: 10日施行された「改正入管難民法」。法務省は在留資格を失った外国人が日本での滞在を延長するために難民申請を続けている点を問題視しています。 一方、6月7日の会見で小泉龍司法務大臣は今回の改正について、「ルールに違反した者には厳正に対処し、保護すべき者は確実に保護する。共生社会の基盤をつくる重要な制度改正」であると話をしています。

小川彩佳キャスター: 国によりますと帰国を拒むために申請を繰り返すケースがあったということですが、今回の改正法は国に帰ると迫害されてしまう、保護が本当に必要な方たちが強制送還されてしまう恐れがあるという指摘があるわけですね。

英語通訳・翻訳者 キニマンス塚本ニキさん: 人の命を命とみなさないルールを守れという方が無理であって、作られたルールを守れないから難民としての、すごく切羽詰まった状況にあるというところを無視して、“ルールに従ってください”と言っている。これは本当に人の命を奪う改悪だと思います。 今日もSNSで見たのですが、ロヒンギャの人々のことを、テロ組織だという全く根拠のない悪質なデマが出回っていて、それに1万の“いいね”がついていました。こういった何の根拠もないけど“何となく嫌だ”“何となく外国人難民なんて得体のしれないものは入ってきて欲しくない”というゼノフォビアがすごく蔓延してるなっていうのを感じます。 それと同時に世論も変わっていると思います。曲がりなりにも難民条約加盟国として、日本はその国際社会の責務として、やらないといけないことはあるのですが、まだ去年の段階では303人しか認定されませんでした。これも1%とか2%とか言われていますが、こんな日本で国際社会からどう見られるのだろうというところはすごく懸念と怒りを感じています。

小川キャスター: ミャンマー出身のミョーさんは国に対して、“難民申請をちゃんと審査してほしい。それぞれの事情をしっかり見て、難民認定を与えてほしい”と訴えていました。

========== <プロフィール> キニマンス塚本ニキ さん 英語通訳・翻訳者 ラジオパーソナリティ 9~23歳までニュージーランドで過ごす

TBS NEWS DIG Powered by JNN

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/b333573ad79a918411975537059ac202215ecbb7?page=2

みんなのコメント

  • 「僕らの人生どうなるんですか?」 申し訳ないがいち日本人の意見としては「知らんがな」ですわ。働いて納税して普通に生きていくために必死だからね。 そもそも複数回申請却下されるのも何かしら問題あるからじゃないの?それなのに何故日本に固執するのか、謎しかないね。
  • 日本では残念ながら難民認定は認められませんでした。日本にこだわる必要はないと思うので、3回だめなら他国の大使館に飛び込むのもありだと思う。 国によって基準は違うでしょうし、命がかかっているなら尚更です。 ドイツやトルコが難民受け入れに寛容なようですのでチャレンジする価値はあると思う。
  • これ、抗議するとしたら入管法の改正ではなく、難民なのに難民と認定されない基準の方なのでは。でもそこを言うと実は難民でも何でもない人が沢山申請してることがわかっちゃうからTBSとしても触れたくないのかもね。この記事に出てくる人も、難民と認められなかった理由が書いていないから何とも言えないし。
  • 少子化解消の前提として、安心安全に暮らせる社会は必須条件です。日本の法やルール、マナーを守れない移民や難民は、日本の安心安全を脅かしています。これ以上の治安悪化を防ぐためにも、入管法の厳密な適用をお願いします。
  • ロヒンギャ迫害はあってはならないことであり人権問題です。 ただ、イスラム教は他のどの宗教も容認しない、イスラム教以外異教徒扱いをするなど、到底日本では受け入れられない宗教でもある。 日本は如何なる宗教も自由だが、他宗教を迫害していい理由はない。 イスラム教の国に行くのが幸せだと思います、その選択肢はないのでしょうか? 申し訳ないですが、少なくない生活費を国からもらっているはずです、旅費は十分たまっていませんか? イスラム教の国は結構ありますのでそちらに置かれた方が幸せです。日本国の入管がダメだと言っているので他国に行かれてはどうかと思います。
  • そもそもパスポートのないはずのこのロヒンギャの方がどういった方法で日本に入国したのかは分かりませんが、ロヒンギャはミャンマー政府から国籍を与えられておらず、ミャンマー政府側が無国籍でミャンマー人という認識でないのでミャンマー側への送還は出来ないものと思われます。マレーシアには10万人という膨大な数のロヒンギャの人達がいますが、ロヒンギャが無国籍な為にマレーシア側がミャンマー側に送還出来ずにこの10万人という数に膨れ上がっていると思われます。
  • 日本の曖昧な対応が、彼らの今の状況を招いてしまった。 日本の基準では認定できないのなら早期に送還したほうがよい。 他の国なら、認定される可能性もあるし、母国を離れてる時間が長くなればなるほど、日常を取り戻すのが難しくなる。 今回の改正に沿って、粛々と実行して欲しい。
  • 不法滞在者を強制送還しないことで日本の入管で亡くなった人がいました。そのことで他国に日本の責任を問われて裁判まで起こされています。日本の責任としてはきちんと帰国して頂くことが大事なのでそのための強制送還です。この方にどんな事情があるかは分かりませんがここは日本ですので日本の法律に従ってください。不法滞在はもちろん郷に入れば郷に従えという日本の常識を守れない外国人が多くなってきてるので仕方のない措置です。申し訳ありませんがご理解下さい。
  • 難民申請の厳格化は必要だ。というより難民申請は1回ダメだったら、強制送還すべきだと思う。この男性は何度も却下されているそうだが何か問題があるから。クルドだろうがロヒンギャだろうが申請が受理される訳ではない。また、申請が受理された難民でも犯罪を犯した人は早急に送還して欲しい。我々が払っている税金は日本国民のために使って欲しい。
  • 今回の法案、3回でも甘いと思う。そもそも1回でも無理なら強制送還にしないと、2回目での申請の間は国民の税金で面倒を見ないといけないのです。生活保護や授業料実質無料の留学生など、日本人より優遇する必要はない。今や日本も貧乏国。日本人を助ける事に重きをおいてほしい
  • 真の難民は認定されていますよ。認定されないのは、偽装難民です。偽装難民を強制送還できなかったから、とんでもない在留管理になってしまっていた。
  • 『僕らの人生どうなるんですか?』の日本の回答としては『知らんがな』になるとは思います。

注目の記事

編集部の声

編集部A: 最近のニュースで、ロヒンギャの男性が「命がかかっているんですよ、命が!」と3本の指を立てて抵抗運動している映像を見たよ。彼は18年間も申請が通らず、改正入管法施行で強制送還されるかもしれないんだって。

編集部B: そのニュースは見たよ。でも、正直言って、心は痛まないね。ロヒンギャはテロ組織とも関わりがあると言われているんだ。そんな人たちを日本に留めておくわけにはいかない。今すぐにでも強制送還すべきだと思う。

編集部A: え、テロ組織との関わりがあるって本当なの?でも、彼は「命がかかっている」って言ってるし、人道的な観点から考えると、見捨てるわけにはいかないんじゃないかな?

編集部B: 人道的な観点も理解できるけど、日本の安全を最優先に考えなければならない。ロヒンギャの問題は複雑だけど、テロリズムのリスクを考えると、彼らを日本に留めておくことは危険だよ。日本を巻き込むべきではない。

編集部A: でも、18年間も日本に住んでいて、今更強制送還されるなんて、彼の生活はどうなるの?彼が本当にテロリストだとは限らないし、個別に判断することが必要じゃないかな?

編集部B: 個別に判断することも大事かもしれないけど、リスクを冒すわけにはいかない。改正入管法が施行された今、厳格に対応することが日本の安全を守るためには必要だと思う。彼がテロリストでないとしても、他のロヒンギャが同じように申請してくる可能性があるんだ。

編集部A: そういう考え方もあるのね。でも、国際社会の一員として、日本も難民問題に対してもっと柔軟な対応が必要だと思うんだけど。

編集部B: 確かに国際社会の一員としての責任もあるが、まずは日本の安全と安定を最優先に考えるべきだ。多様性やバランスを考えるよりも、とにかく日本を守ることが大切だと信じている。心が痛むとかそういう問題ではないんだ。

編集部A: 分かった。私も色々と考えさせられるよ。この問題についてもっと深く調べて、皆に正確な情報を伝えていきたいと思う。

編集部B: そうだね。私たち編集部としても、この重要な問題を丁寧に取材し、建設的な議論を呼び起こしていくことが何より大切だと考えている。一緒に前を向いて、粘り強く取り組んでいきましょう。

編集部A: 分かった。これからはしっかり情報収集して、みんなで協力しながら解決策を見つけていきたいと思う。一緒に頑張りましょう。

編集部B: 頼もしい気持ちだよ。私たちにもできることはたくさんあるはず。一歩ずつ進んでいけば、必ず前に進めるはずだと信じている。連携を大切にしながら、全力で取り組んでいきたいと思う。

クリックして共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

注目の記事


注目の記事

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 反政府活動家が指名手配されてるだけよね。
    そら強制送還一択よ。

コメントする

CAPTCHA