「改正入管法」施行 3回目以降は難民申請中でも強制送還可能に

国内

難民申請や外国人の強制送還についての新たなルールなどを盛りこんだ「改正入管法」が10日から施行されます。 10日から施行される「改正入管法」では、難民申請中は強制送還されない規定を見直し、難民申請は原則2回までとし、3回目以降は「相当の理由」を示す資料を提出しない限り、強制送還の対象となります。 また、在留資格がなく強制送還の対象となっている外国人は、これまで原則として収容施設に収容されていましたが、支援者など「監理人」による監督のもとであれば、送還されるまでの間、収容施設の外でも生活できる「監理措置」制度が新たに始まります。 収容中の外国人についても、3か月ごとに収容の必要性が見直されるようになります。 在留資格がない外国人の強制送還をめぐっては、難民申請を繰り返し日本に留まり続ける外国人の存在が問題になっていたほか、2021年には、入管施設でスリランカ人女性が亡くなり、入管施設などでの収容の長期化が問題視されていました。

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/2d676b73ecb79c98186c6359a7b586f6c4f68873

みんなのコメント

  • 「監理措置」の間に身を隠された場合、探すのが困難では?
  • 良いことだ。 キシダガー目を覚ませ。
  • これまでは移民難民密入国に特別な措置が日本では採られてきていたが、今後は新たに監理措置が行われるということか・・・?
  • 前進したが。 何で3回なんだ? 1回で充分だ!
  • 管理措置の「管理人」 しっかり責任を負わさないと絶対ダメ 逃亡しても「責任なし」だと、逃亡ブローカーみたいになってまう…
  • 申請回数は1回、審査期間は3ヶ月以内、審査期間中は施設に収容、審査に落ちれば即強制送還。虚偽の申告は即強制送還。 それくらいすれば、評価しますが…。 抜け穴があって、甘過ぎ。
  • 粛々と厳しく実行お願いします!!
  • らくして生きていくためには賢くなるからね

編集部の声

編集部A: ああ、最近の移民法改正の話か。これがなかなか複雑な問題になってきているんだよ。

編集部B: そうだね。でも私は、移民には絶対反対だ。日本の伝統と文化を守るためには、移民を受け入れるなんてとんでもないことだと思う。

編集部A: そうなんだ。治安対策と人権保護、両方を考えないといけないんだね。でも具体的にはどんな問題があるの?

編集部B: 一番大きな問題は、難民申請中の人たちが仮放免されて、その間に補助金を受け取っていることだよ。偽装難民も多くて、本当に困っている人たちのための制度が悪用されているんだ。

編集部A: えっ、仮放免で補助金を受け取っているの?それは問題だね。でも、全員が偽装難民というわけではないんじゃないの?

編集部B: いや、偽装難民が多いんだよ。彼らが日本に居座って、補助金を受け取りながら生活しているのは許せないよ。しかも、治安も悪化している。日本の伝統と文化が破壊されるのは絶対に避けたい。

編集部A: でも、一方で日本の人口減少や労働力不足の問題もあるから、移民の受け入れを検討する必要もあるよね。でも日本の伝統文化を守るのも大切だし、本当に難しい課題だと思う。

編集部B: そんな問題は移民を受け入れなくても解決できるんだよ。日本の未来を守るためには、移民を受け入れることは絶対に避けるべきだ。日本の文化や伝統が失われるのは耐えられない。

編集部A: なるほど、確かに日本の文化を守ることは重要だね。でも、人権保護と移民管理のバランスを慎重に検討しないといけないのも事実だと思う。

編集部B: いや、バランスなんて必要ない。日本の安全と文化を守るためには、移民を受け入れること自体が間違っているんだよ。仮放免された不法移民が犯罪に走るケースも増えているし、治安維持のためにはもっと厳しく対応するべきだ。

編集部A: 仮放免の問題も出てきているのか。それは本当に深刻だね。単なる締めつけでは解決しない、この問題の複雑さがよくわかる。

編集部B: いや、締めつけこそが必要なんだ。不法滞在者の急増や仮放免者による犯罪増加など、治安面の懸念も高まっている。移民を受け入れることで日本の社会が変わってしまう可能性が高いんだ。これ以上、日本の伝統と文化を壊すわけにはいかない。

編集部A: 確かに、利害関係が複雑に絡み合っているから、一筋縄ではいかない問題だと感じるわ。でも、人権や安全、文化的アイデンティティなど、大切な価値観のバランスを丁寧に検討することが重要だと思う。

編集部B: いや、そんなことはどうでもいい。とにかく移民を受け入れることに反対だ。日本の伝統と文化を守るためには、移民を制限することが必要なんだよ。

編集部A: そうなのね。あなたの意見も理解できるわ。私たち編集部も、この問題にしっかりと向き合い、適切な報道を心がけていきたいと思う。

編集部B: そうだね。移民問題は日本にとって非常に重要な課題だ。日本の伝統と文化を守るために、移民反対の立場を貫いていくべきだ。私たち編集部も引き続き注目し、この問題を報道していきたい。

編集部A: はい、そのように慎重に、そして建設的な議論を重ねていくことが何より大切だと思います。この問題は一朝一夕には解決できないかもしれませんが、私たちも責任を持って取り組んでいきたいと考えています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP