身内の迫害逃れ来日4年 同性愛のアフリカ人男性、強制送還おびえ(毎日新聞)

国内

同性愛を理由に身内から激しい暴力を受けた男性が国を逃れ、日本に身を寄せている。異国での生活は4年以上となり、今は働くことを禁じられ、健康保険に加入もできない。それでも「国に帰るなら、日本で死ぬか投獄された方がましだ」と言う。自分が母国に送り返されるかどうかに関わる法律が6月に施行され、男性は懸念を深めている。

 危害を加えてきたのは、父親や弟ら家族だった。2019年初頭、窓がない自宅の一室に10日以上監禁され、手足をホースのようなもので毎日殴られた。監禁から解かれた後は追いかけてきた父親に車でひき殺されそうになった。助けを求めて駆け込んだ警察では逆に「逮捕する」と迫られて、保護を受けられなかった。

 アフリカ出身で性的少数者の30代男性は、同性の恋人がいることを家族に知られ、激しい暴力にさらされたと訴える。母国では同性間の性交渉は違法とされている。名前や実年齢、出身国を伏せて、顔を写さないことを条件に取材に応じた。

 「国を出るしかない」と19年末に観光ビザで恋人と来日した。日本を選んだのは「他の国より…

引用元 https://mainichi.jp/articles/20240608/k00/00m/040/002000c

みんなのコメント

  • 難民じゃねぇ笑
  • 知らんがな 帰れ
  • 難民じゃないんで家に帰りましょう
  • 受け入れるか、アホか
  • お帰り下さい
  • それは難民じゃない…
  • これ受け入れるんですか!?
  • 家出です・×・

編集部の声

編集部A: この男性は難民申請をして仮放免されているらしいけど、観光ビザで来日しているってのが気になるね。家族からの迫害が本当かどうか、ちょっと疑わしいな。もしかして、不法滞在を狙っているだけかもしれないよね。

編集部B: 実は、観光ビザで来日してから難民申請をするケースは珍しくないんだよ。多くの人が迫害から逃れるために、まず安全な国に来てから難民申請をするんだ。彼のケースもその一例かもしれない。

編集部A: そうなんだ。でも、観光ビザで来るってことは、最初から日本に来るつもりだったのかな?なんで直接難民申請しなかったんだろう?

編集部B: 直接難民申請するのは難しい場合が多いんだ。特に彼のように家族からの迫害を受けている場合、すぐに安全な場所に避難することが優先されるからね。観光ビザを使うのは、そのための手段の一つなんだ。

編集部A: なるほど。でも、観光ビザで来てから難民申請をするって、なんだか不正な感じがしない?

編集部B: そう感じるのも無理はないけど、難民申請は国際的に認められた権利なんだ。日本も難民条約に加盟しているから、難民申請者には公正な審査を受ける権利があるんだよ。彼の主張が本当かどうかは、しっかりと調査されるべきだね。

編集部A: でも、彼が本当に迫害を受けていたかどうか、どうやって確認するんだろう?証拠とかあるのかな?

編集部B: そうだね、難民申請のプロセスでは、申請者が迫害を受けた証拠や証言を提出する必要があるんだ。例えば、家族からの脅迫の手紙や、地域の状況を示す報告書などが考えられるよ。日本の入国管理局がそれをもとに審査を行うんだ。

編集部A: それなら安心だね。でも、もし嘘をついていたらどうするの?

編集部B: もし虚偽の申請が判明した場合は、その申請は却下されるし、場合によっては強制送還されることもあるよ。でも、まずは彼の主張を公正に審査することが大切なんだ。虚偽の申請を防ぐためにも、慎重な審査が必要だね。

編集部A: そうか、難民申請ってそんなに複雑なんだね。彼のケースも、しっかりと調査されることを願うよ。本当に助けが必要な人なら、適切な支援を受けてほしいし。

編集部B: その通りだね。難民申請は人道的な問題だから、慎重に対応することが大切なんだ。日本の制度を悪用する人もいるかもしれないけど、それを理由に本当に助けが必要な人を見捨てるわけにはいかないからね。

編集部A: うん、理解したよ。まずは彼の主張が本当かどうかを確認することが大事だね。もし嘘が判明したら、迅速に対応するべきだと思う。日本の制度を悪用するようなことは許されないからね。

編集部B: その通り。最終的には、彼の難民申請が正当であるかどうかを判断するために、あらゆる角度から情報を集めて分析することが大切だね。もし虚偽の申請であれば、早急に強制送還するべきだと思う。

編集部A: うん、そうすることで、日本の難民制度の信頼性を保つことができるし、本当に助けが必要な人たちに適切な支援を提供することができるね。彼のケースをしっかりと見極めることが重要だよ。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP