外国籍の高卒者、就職5年で「定住者」に 政府が基準明確化へ

在日外国人の子のうち、親と一緒に中高生で来日した子どもの在留資格を巡り政府は、高校を出て就職した人が、「定住者」資格に移行するための要件を明確化する。定住者は仕事や家族との生活に制約が少なく、国内で働き始めた外国籍の住民が、将来設計を描きやすくする狙いがある。

 明確化される要件は、結婚相手の帯同や起業ができない「特定活動」の資格を得てから5年以上、経済的に自立し、税金や社会保険料を支払っていると認められるというもの。近く出入国在留管理庁のホームページで公表する。

内定後の在留資格、来日時期で違い

 入管庁によると、17歳までに来日した子は「家族滞在」の資格を取得することが多い。この家族滞在の資格で在留する外国籍の住民は、昨年末時点で大人を含めて約26万6千人。直近5年間で3割余り増えている。家族滞在の資格から、就職を経て変更できる資格は、何歳で来日したかによって異なる。

引用元 https://www.asahi.com/articles/ASS712P8KS71UTIL015M.html

みんなのコメント募集中

  • 世界で移民に成功した国は無いって言われているのに何週遅れてるん(¯―¯٥)
  • ええ加減このボケ◯◯そうぜ
  • 狂った岸田は何するか分からない超危険人物に指定する!!
  • 世界で移民を受け入れて成功した国はフランスかな
  • 失敗するのが解っていてこれだよ。 今の川口市は酷い事に成ってるだろ。

クリックして共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA