【仁藤夢乃】「1年程前に警備会社が変わり、土砂搬入のスピードアップを図って無理な誘導が増えていた。」 「人がまだいるのに進行させるため、事故になりそうなことが何度もあった」

注目の記事

辺野古移設工事関連のダンプトラックと警備員の男性が接触し、男性が死亡、70代女性がけがをした事故。

現場そばの名護市・安和港では、工事が進む辺野古沖へ石材を運ぶ船への積み込み作業が日々行われることから、搬入がある時間帯には移設工事に反対する市民らが抗議活動を行っている。


RBCでは、普段この工事で石材の搬出に従事し、今回の事故直後の現場を見たダンプトラックの運転手に話を聞いた。

▽辺野古移設工事に従事する運転手
「(港への)搬入は朝7時から11時ごろがピーク。現場の安和港には150台ほどが1日に出入りする。警備員は通常5人から6人で、今日も同じくらいだった」

「現場には移設工事に抗議する人が4人ほどいた。トラックは10トントラック。出口付近は通常徐行で国道に向かって左折し、鉱山に新しい土砂(石材)を積みに行く」

この運転手は、日々危険を感じることがあったと証言した。

▽辺野古移設工事に従事する運転手
「1年程前に警備会社が変わり、土砂搬入のスピードアップを図って無理な誘導が増えていた。いわゆるヒヤリハット事例が何度もあった」

この運転手が、事故当時の様子を目撃した別の運転手から話を聞いたところ、ダンプトラックは「何かに乗り上げたような動きをしていた」そうだ。

そして、この事故は「起こるべくして起こった」と話す。

▽辺野古移設工事に従事する運転手
「工期のスピードアップの指示が上からあったようで、危ない事案が増えた。ただ事故の責任は運転手が問われるということで、大半の運転手は無理な誘導に従っていなかった」

「人がまだいるのに進行させるため、事故になりそうなことが何度もあった」

警察は、「ダンプトラックが左折する際に、道路上にいた2人を巻き込んだ」と発表していて、今後さらに詳しく事故原因を調べるものとみられる。

引用元 https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1260071?display=1

注目の記事

みんなのコメント募集中

  • 私はだいぶ前から、ミソジニーや多くの中高年男性の幼児性は、日本を滅びに向かわせる要因だと思ってて、気付くとあらゆる問題にこれらが絡んでるのが発見できる。暇空氏はその構造の中で破滅的に派手に踊ってみせたので、これは女たちへの仕返しに使える、梯子を登らせろ、となったんだと思う。
  • いいんやで ダンプの運転手へのインタビューは あとは、警備員と活動家も周辺の関係ない人への聞き込みも合わせて総合評価やで
  • 嘘つきwww
  • この事故はデニーが引き起こした不作為の事故である。 裁判で敗訴→法の元で判決に従う→活動家の暴挙は公務執行妨害で検挙 など警察トップとしてやるべきことをやっていれば、このような凄惨な事故はおきなかった。
  • いや向こうには仲間の活動家がたっっっくさん居ますので証言は取れるでしょう あと証言の内容は (活動家が危険な行為をするので)無理な誘導が(発生する場合が)多かった だと思う
  • どのダンプの運転手ですか?
  • そのダンプの運転手を見てみたい。実在するのならね。
  • 情報ソースもお仲間からでしょうから本人には信憑性が高くても一般的には低いですね
  • 嘘吐く奴だと理解した

クリックして共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

注目の記事


注目の記事

コメント

コメント一覧 (1件)

  • そもそも普通は工事中の出入り口には居座りません、危険だからってわかってるいるからね
    なのにそこに居座るのはなぜなんでしょうね、危険だからこのような事故がおこるのは当然の結果です
    世の中には都内から人を連れていき参加させてる人もいるし裏で煽動して収益が発生してる人がいるのでは?

コメントする

CAPTCHA