動画【日本人初】《むち打ち刑》強姦罪で判決『ムチで打たれると皮が裂けて激痛』執行まで怯えながら過ごす犯人 シンガポール

注目の記事

シンガポールの裁判所が日本人の男に対し、「むち打ち」の刑を言い渡しました。

■強姦罪で判決 「むち打ち20回」宣告 シンガポールの裁判官 「被害者に対して行った暴行は残忍かつ残酷で、量刑は重いものとなるべきだ」  シンガポールで1日に行われた日本人の元美容師の男(38)に対する裁判。男は地元の女子大学生に対して性的暴行を加えた罪などに問われていて、裁判所は禁錮刑に加え、日本人に対して初となる刑も言い渡しました。 シンガポールの裁判官 「被告を禁錮17年6カ月と、むち打ち20回の刑に処する」

 なぜ「むち打ち20回」が宣告されたのか。番組は男の弁護人に話を聞きました。 Focus Law Asia LLC シンガポール法弁護士 三好健洋氏 「シンガポールの場合、強姦(ごうかん)については基本的にむち打ち刑が適用されることが一般的。ほぼ検察の主張が認められるような内容。むち打ち刑20回も非常に重い内容と思う」

 裁判では「むち打ちの回数」も争点となったといいます。 三好氏 「ご本人(被告)としては向こう(女性)が嫌がっていたと認識していなかったので、合意があったという認識ではあったと思う。弁護側としては8回のむち打ちを求めたけど、無理に行為を行ったというのが裁判所の判断で、かつ悪質だというのが裁判所の判断」  では、実際に「むち打ち刑」とはどのようなものなのでしょうか。  インドネシアの「むち打ち刑」の映像では、多くの人が取り囲んでスマートフォンで撮影し、「見せしめ」の要素が強いように見えます。  しかし、シンガポールの「むち打ち刑」はこうした状況とは大きく異なるといいます。

■むち打ち執行まで「おびえながら過ごす」  シンガポールで38歳の日本人の男に下された「むち打ち刑20回」の判決。刑が確定すれば、毎日をおびえながら過ごすことになるといいます。 三好氏 「いつ執行されるかは知らされないので、いつ来るんだとおびえながら過ごして、突然『むち打ちを執行します』と声が掛けられて、刑務所内で執行される」  現地の日本大使館もこう注意を呼び掛けています。 在シンガポール日本大使館 「むちで打たれると肉が裂けて激痛が走り、夜も眠れなくなると言われています。むち打ち刑に処せられるような行為は慎みましょう」  弁護側は今後、被告人と話し合って上訴するか決めることにしています。 (「グッド!モーニング」2024年7月4日放送分より) [テレ朝news]

引用元 https://youtu.be/cyHp_wi_8zw?si=PCCbNYbu-P0OOr8n

注目の記事

みんなのコメント募集中

  • 日本も性犯罪に対してこれくらいの刑罰を与えるべき
  • 海外行ってまで迷惑かけんなよ
  • 被害者だってかなり怖かったんだから、それ位の制裁はやるべきだと思う
  • まじで日本にも適用すべき。日本は性犯罪に対して甘すぎ
  • シンガポールの判決が正常である。 日本は加害者に甘すぎる
  • 男「怯えながら過ごす」 皆「怯えながら過ごせ」
  • シンガポールの皆さん、20回で足りますか??もっとやっていいよ
  • 恐怖でも何でもない 自業自得でしょ
  • 恐怖でも何でもない 自業自得でしょ
  • 日本でも導入すべきだわ
  • 日本もこれくらいやるべきだと思う
  • 日本も犯罪者にはこういった強気の対応をすべき
  • 日本だと性犯罪の刑はめっちゃ軽いからなぁ… 被害者は永遠に苦しむのに。 少しシンガポールを見習ってほしい。
  • 怯えながら過ごすってなんだよ。お前が始めた物語だろ
クリックして共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

注目の記事


注目の記事

コメント

コメントする

CAPTCHA