【中国系ハッカー集団に注意を】《警察庁、NISC》オーストラリア作成の注意喚起文書に共同署名

国内

 警察庁と内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は9日、オーストラリア当局が作成した中国系ハッカー集団に関する注意喚起文書に、米国や韓国など6カ国の機関と共同で署名したと発表した。サイバー攻撃への関与が疑われる国や組織を名指しして被害抑止を狙う取り組み「パブリック・アトリビューション」の一環。  警察庁によると、ハッカー集団は「APT40」と呼ばれ、遅くとも2009年ごろから活動。中国海南省を拠点とし、中国の国家安全部門から業務を請け負っているとされる。マルウエア(悪意あるソフト)を添付したメールを送るなどして各国の企業や官公庁などの機密情報を狙うのが特色。

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/8e9e999f4fb5f438d6b203b08e8dfe62ebcdae77

みんなのコメント募集中

  • 敵対的サイバー国・集団には、友好国と緊密に協力し、防がないと無理。防ぐだけでは無く、敵対勢力を攻撃しないと防衛も出来ないです
  • 中国は日本を手に入れようと思っています。まず中国人を日本に送り込んできています、呑気に永住権やら健康保険やら権利を与えたら不動産を売っている場合ではありません
  • 中国が日本の国防情報を丸ごと抜き取っていることも報道しないと。日本国民の個人情報も含めて、すべて筒抜けだよ。
  • 国内のモグラ(スパイ、協力者)の摘発、排除も同時に実施しましょう。露、中、北朝鮮のハッカー部隊へはサイバー攻撃、拠点特定、戦術部隊を送り殲滅、残党は国際指名手配又は暗殺で対処できれば理想。実際に戦術部隊(特殊部隊)の派遣は現実的には厳しいからドローンによる爆撃、反政府グループに援助し、見返りとして実行してもらったらどうだろうか。
  • ハッカーも何も、府中に中国のデータセンター置くんでしょ。まあ、河野大臣って中国人だっけ? 中国では中国共産党が全てのデータを合法的に見ることができるから、日本のすべての情報も中国共産党が見られることになるわけで。個人情報に技術情報に(今でも筑波とかに中国人入れて産業スパイ大活躍だけど)自衛隊の情報なんかも取り放題。ハッカーする意味すら分からない。 でも政府は川崎やら三菱やら重工業からもお金もらってるんだろうから、中国の脅威が!とか言って防衛費増やしてるわけでしょ。 日本人の多くは中国の植民地になっていることに危機感ないみたいだけど、漢民族のこの先は収容所建設だよね。ユニクロ買うほうが自分たちが強制労働させられるより大事な人が多いけど。
  • 日本はこのような中国人を激増させて、あちこちで暗躍しているね 五毛党パヨクの典型的な特徴は日米西側ウクライナイスラエルだけを批判して中国はもちろんロシアも批判しない傾向がある 日本人も日本とアメリカを批判することは大切だけど、中国を批判できるできないで大きな差がある ロシアがウクライナの小児病院攻撃しても批判先はロシアじゃないしね
  • ハッカー集団に中国は知らんぷり、あぁ国家プロジェクトでしたね。先進国を上げて徹底的攻撃しましょう。
  • 中国系ハッカー集団・・・・全ては背後の中共中枢に通じる中共手先。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP