【韓国の美容外科医】「あとはよろしく」→渡韓整形ブームに日本の形成外科医が感じる強烈違和感

海外

 今や「美容整形大国」として有名な韓国。アジアを中心に各国から整形手術を受けに来る人が後を絶たず、日本からの「渡韓整形」も大人気。2泊3日など短い日程での整形弾丸ツアーも行なわれており、気軽な旅行感覚で行く人、そしてタレントやインフルエンサーが渡韓整形体験を赤裸々に報告することも今や普通のことだ。

男女問わず美しくなることは良いことで、自身が決めて整形をするのは何も問題はないはずだが……一大ブームとも言える渡韓整形には大きな問題点も存在しているようだ。  形成外科・美容医療の専門医として10年以上、臨床と研究に従事し、2019年に開業し、現在は東京・恵比寿こもれびクリニックの院長として勤務する西嶌暁生(にしじまあきお)氏も渡韓整形に警鐘を鳴らすひとり。「人はそれぞれに合った健康や美しさがある」と言い、日々“飾らない美”ナチュラルビューティーをサポートしているという西嶌医師が同整形の驚くべき実態を語る――。 ※   ※  昨今、美容医療はより身近な医療になってきた。私としては、それ自体は喜ばしいことだと思う。人の価値観や幸せの感じ方は様々であり、超高齢化社会になった日本国民が、笑顔で活き活きと過ごすお手伝いができるなら、美容医療の役割は大きい。むしろ、ありもしない効果をうたい、著名人を使って、人のコンプレックスにつけこみ、美容・健康商品を短期間で売りさばくような商法の方が、よっぽど不誠実だと思う。  さて、ここからが本題だが最近、当院に次のような問い合わせが増えている。たいていは若い方だ。 「韓国でオペをしてきたので、抜糸をしてくれませんか?」 「抜糸はいくらでやってくれますか?」

■韓国で“鼻のフルオペ”――患者「詳しく話さないとダメですか?」

 前述のような問い合わせだが、言いたいことはわかる。通常、手術をした場合、抜糸は1週間前後であることが多い。抜糸のためだけに、韓国に1週間以上滞在することは、お金も時間も勿体ないので、術後すぐに帰国してくるのだ。あるいは、そもそも、仲介会社が斡旋している医療ツアーなのだ。  問い合わせがあれば、電話や公式LINEで問う。 私「どのようなオペをやってきたのですか?」 患者「鼻のフルのオペです」 私「鼻のフルのオペって、何ですか? もう少し詳しく教えてください」 患者「詳しく話さないとダメですか?」  当院に来院した患者の中には、紹介状を持っていない人も多い。もちろん、紹介状を持たせる病院もあるが、患者がその重要性を認識せず、持参しないケースもある。  私は、帰国した患者から希望があった時、抜糸そのものを断ったことはない。料金を説明し、了解を得て受診してもらう。当院では1部位5500円(税込)で行なっている。鼻周りなら5500円、軟骨採取をした耳の抜糸まで行なう場合は追加で5500円といった感じだ。この価格が高いか安いかは読者の判断にお任せする。  ただ、外科医として問いたい。  自分が手術した患者を最後まで責任をもってフォローすることが外科医ではないのか? 人に合法的にメスをいれることのできる外科医だからこそ、その責任は重い。どんなに簡単に見える手術でも、うまくいかないことはある。術後の合併症として、術後創部の感染、肥厚性瘢痕、ケロイド、再発、皮膚壊死、癒合不全、埋没糸膿瘍、傷跡など、言い出したらキリがない。  かくいう私も、多くの合併症の経験があり、患者さんに申し訳ないと思いながら、できる限り誠実に、かつ正しいリカバーを行なってきたつもりだ。それでも患者さんにご納得頂けないときはある。私が患者の立場でも、同じ感情になるだろう。  一方で、有名な病院や高名な先生の術後のトラブルを当院でフォローすることもある。という事は、当院で行なった患者のフォローを他のクリニックや先生が診てくださっているというケースもあるだろう。

■美容手術を提供して「あとはよろしく」と帰国させる――

 韓国の美容外科医が、研鑽を積んだ日本の形成外科医に勝っているかは分からない。私は真面目で誠実でスキルを持った日本の形成外科・美容外科医を数多く知っている。 「美容大国」という韓国プロモーションのもとで、お金のために集客して、美容手術を提供して、「あとはよろしく」と帰国させる。国境も越えているとはいえ、同業者として、いかがなものだろうか。  ただし、ニーズがあるからビジネスは成り立つ。そのようなシステムを良しとする、日本人の顧客がいるのだ。どんなに甘い言葉で誘われても、最後に判断するのは自分であり、責任も自分にある。  健康は失って初めて気がつく。健康は当たり前ではない。それは間違いない。もちろん、頭ではわかっていても、若者の向上心や希望、劣等感、コスパ、流行りといった感情が、それらを上回って出国してしまうのだろう。  このように、「韓国で旅行も兼ねて安く美容外科の治療」を受ける若者が増えている。言い換えれば、日本の美容医療の魅力が足りないということでもある。美容医療に携わる者の一人として、責任を感じる。  少なくとも、外科医は抜糸まで責任をもって患者をフォローするべきである。もし、遠方から自分を慕ってきたくれた患者であり、どうしても抜糸までフォローできない場合は、抜糸をお願いする医療機関向けに紹介状を作成し、治療の詳細を伝え、患者もその重要性を認識しなければならない。 「韓国でオペをしてきたので、抜糸をしてくれませんか?」  患者からそんな言葉が出る事態は不誠実極まりないことだ。患者自身にクリニックを探させるのではなく、抜糸の連携先確保や術後の合併症などが生じた場合のフォローアップ体制も整えて、はじめて安心してオペは受けられるのだ。

西嶌暁生

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/208db74d211ce67587e3a4a2facde5bed97ceab7?page=1

みんなのコメント募集中

  • 「抜糸くらいなら簡単だろう」と思ってる人多いと思いますが、鼻の中や耳など特に見えにくい場所は、抜糸が必要な縫合をした場合、どこに何針縫ったかを記録にちゃんと書きます。どうしても他院で取らないといけない場合は紹介状に記載するか手術記録をつけます。取り残すと感染や肉芽形成のリスクになるからです。この先生の意見はもっともです。
  • お手軽で安いの裏は、その場だけ取り繕えばいい手術して即帰国させるから時間もかからず手軽で、アフターケアはやりませんのでその分安いと言うだけでは? 後で何か起きても国境の向こうだから逃げられるもんね。 どんな手術しても金だけ貰って、後の事は考えなくていいし国境越えれば口コミも関係ない、美味しい商売だよホント。
  • 私の知人から聞いた話。韓国での整形は安い。だから韓国でやって、その病院と提携している日本の病院で抜糸をしてもらうとのこと。飛行機代かけても安いのか。もし失敗があったら再び韓国へ行くのか、日本でやり直すのか。怖いなあと思いました。
  • 何年か前に韓国から日本の美容整形外科に研修にくるという話を聞いて、何も有難がって韓国で整形しなくてもいいのにと思った。 それとも今は韓国の方が技術が進んでるんだろうか? 抜糸については日本の病院に提携先があって、そこで抜糸すると聞いた。多分、電話かけてきた人は勝手に帰ってきた人じゃないかな。 いずれにしても海外での整形は日本以上に、トラブルがあった時のリスクが高いと思う。
  • K-popやドラマ、美容などで韓国のイメージが上がっている。 それ自体に問題があるわけでは無いが、個人的な印象として、あくまでも個人的な印象として(大事なことなので二度書きました)、韓国アゲの”ステルスマーケティング”がお大規模で行われているのではないか?と思ってしまう事がある。 韓国好きはただの情報弱者か、それとも最先端のトレンドに敏感なのか? 情報過多時代、勝手に情報が入ってくる。 一方的に入ってくる情報は、情報発信者にとって都合の良いように加工されている場合もある。 自分で情報を集め、取捨選択できるようになりたい。
  • おっしゃる通りだと思います。一般内科外科でも海外出張などで治療し、帰国後に術後管理をお願いされるケースは多いですが、聞いたことはありません。というか自分の体をいじくりまわされるのに、よく言葉の通じないところでできるなというのが正直な感想です。日本の医療レベルが韓国程度に劣っているとはとても思えないのですが、美容整形の分野ではそれほど日本のレベルが低く、韓国は世界でもトップクラスなのでしょうか。
  • 先日は腎移植で同様のケースがあったよね。臓器取引と移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言を根拠として継続を拒否、訴訟化して病院勝訴。日本も医療ツーリズム云々言うなら、より包括的な相互ルールの策定が先ではないだろうか。  で、自費の美容整形の合併症は保険治療になるのかね?混合診療の禁止からしても不思議ではある。
  • 自由診療したあとのトラブルを保険医療で行うのは違反です。 その後も全て自費になることをきちんと世間に広げるべきです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP