【中国・蘇州スクールバス襲撃事件】死亡の中国人女性悼む声続々

中国でスクールバスのバス停にいた日本人親子が男に襲われた事件で、男を阻止しようとして死亡した中国人女性を悼む声が、各方面から上がっています。 中国・蘇州市で24日、日本人学校のスクールバスのバス停にいた日本人の親子と、車内にいたガイド役の中国人女性が、刃物を持った男に襲われました。

【田村信大記者】「中国のSNSウェイボーでは、『日本人親子をかばった中国人女性が亡くなった』というキーワードがトレンドの1位に上がっています」 男を阻止しようとして刺され、死亡した中国人女性のニュースは、中国のSNSで一斉に注目を集めました。 「危険な場面で、勇敢にふるまうことは誰にでもできることではない。あなたはやり遂げました」「あなたは正義のために勇敢に行動しました」「ご冥福をお祈りします」などといった書き込みが相次ぎました。 蘇州市の公安局によりますと、女性は胡友平さん、54歳です。事件翌日、胡さんを見舞っていた上海の日本総領事館の赤松秀一総領事は、「胡友平さんの勇気と善意と責任感ある行動に深い敬意と感謝を申し上げます」「崇高な献身的な行為を決して忘れることはありません」と、お悔みの言葉を公表しました。

テレビ朝日報道局

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/178458fb5c6549f6d9ff3dbef6f2b3f1ac0ada33

みんなのコメント募集中

  • こうして身を挺して守ろうとしてくださる方もいるし、本当に国籍だけで人を測ることなど出来ないことを再認識させられました。身を挺して守ってくださったバスの案内係が亡くなられたのは悔しい限りですが、どうか被害に遭われた日本人親子が心身ともに一刻も早く回復されることを願います。 そしてその場にいて、バスという密閉されて逃げ場のない場所で、悲惨な現場を目撃してしまった他の乗客の方々へのケアも必要だと感じます。
  • 色々と両国にはありますが、心から彼女の勇気に敬意を表し哀悼の意を表したいと思います。 此の女性は自分にも守るべき愛する家族や友人達が居たと思うが、日本でも東日本大震災の時に津波が押し寄せる防災対策庁舎で避難を呼びかけてマイクを放さず南三陸町の住民の命を守り抜いた、婚約していて結婚式もひかえてた遠藤さんの事を思い出した。日本政府の対応に期待します。
  • 亡くなられたのですね・・・とても残念です。 とても優しそうな方ですよね、おそらく自分の子供のようにいつも接してくれていたのでしょうね。その子たちに危害が加わりそうだということで、身を挺して守ってくれたのでしょう。残念で泣けてきます。ご冥福をお祈りいたします。
  • 日本人に斬りかかる中国人がいればそれを庇って自らが犠牲となる中国人もいる。20年以上前になるが、駅のホームに落ちた日本人を助けようとしてお亡くなりになった韓国人の方がいた。互いに一言では語り尽くせない複雑な歴史があって、現代に至ってその感情を拭いきれていない人がいるのも真実だろう。でも私は国籍関係なく人間として持っている良心や優しさを信じて生きていきたい。
  • 残念なことです。 彼女は、勤勉に職務を遂行し、テロ・暴漢からの被害を最小限に食い止めました。 ぜひ、彼女の勇敢な行動に日本国政府から勲章又は、感謝状を贈るべきだと思います。 中国政府は、令和の義和団事変に発展しないように事件の詳細を調査し、その結果を内外に公表し、注意喚起を行うべきだと切に願います!
  • 感謝したいけれど、感謝の気持ちを直接伝えられないのが辛い。こんなに勇敢で優しい心を持った方がいたんですね。あまり国でどうこう言わないようにしなきゃと思いました。日本にだっていろんな人がいるので。。。
  • 彼女の遺族が困っていれば、政府として対応して欲しい。やはり、中国にもまっとうな市民がいるのだと思います。中国の偏向教育には腹が立つけれど、この市民の冥福をお祈りします。
  • 彼女やその遺族の方、使命感をもった従業員が働いている園のために、何か日本からしてあげられることはないだろうか。。何かしてあげたいと思わせる素晴らしい行動力だったと思います。義心のある人、男女を問わず国籍を問わず。 正しいと思えることに向かって真っ直ぐに行動できる人。きっと何も考えなかっただろう。ただただ、行動したんだろう。 犯人に対してのやり場のない憤りもある。でも今はこの亡くなった方の勇気ある行動に心からの敬意を捧げます。平和でありますように。
  • パフォーマンスだなんだ言われてもいいから岸田総理がちゃんと対応して欲しい。 赤の他人のしかも日本人のために命をかけて犯人を抑えてくれた胡さんへ日本として最大限の感謝と哀悼の意を伝えて欲しい。

クリックして共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA