【京都・国宝指定】《知恩院の三門》が損壊!→目撃情報なく府警捜査

 京都府警東山署は19日、京都市東山区の知恩院の三門で何者かに付けられたとみられる傷が見つかったと発表した。三門は国宝に指定されており、署は文化財保護法違反の疑いで捜査する。

 署によると、損壊が見つかったのは三門の円柱1本で、傷が付いている範囲は縦約18センチ、横約12センチ。硬いものでひっかかれたとみられ、アルファベットの落書きのような複数の傷があった。他に被害は確認されておらず、不審者の目撃情報はないという。

 18日午後2時ごろ、同院の関係者が発見。19日午後、署に連絡した。

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/670d44ca5f07587acea8702fbf04dd60a75d4e81

みんなのコメント

  • 監視カメラに映ってる犯人が国外に逃亡したのなら顔写真を公開して厳しい処罰を願います。 落書きは嵐山の竹林でも問題になっています、何百年も日本人が守ってきたものに落書きするなんて重罰でお願いします。
  • 知恩院山門は中学の修学旅行で行った時に「大地讃頌」を合唱した思い出の場所。 このような事件は悲しいですね……
  • 歴史と伝統を汚す行為。 しっかり犯人を特定し、厳しく対処してほしい。 決して許してはならない
  • 岸田の宝、或は日本を安売して外人を入れまくるからこうなる。
  • 国宝。徳川家の家紋入り。文化庁京都本店の地。 お侍さん1人でも立たせておくべきだと思う それか、京都守護職の新選組を巡回させるとか ふとどき者は、斬り捨ててよろしい それか、五千円のライブカメラ置いて、自宅警備員に監視業務を委託するとか。
  • 犯罪なので、犯罪者として粛々と対応していくことを願う。 とんだ恥さらしだな。
クリックして共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA