【小野田議員】『日本行きの飛行機に乗る前にシャットアウトせねばなんですよ。実現に向けて準備を進めています。』犯罪外国人の再入国について

小野田紀美【参議院議員/岡山】さんの投稿】「病院前大乱闘」で逮捕されたクルド人が日本に再入国していた!(デイリー新潮) 羽田で「救急車を呼べ」と叫び、入管施設でハンガーストライキ

日本行きの飛行機に乗る前にシャットアウトせねばなんですよ。実現に向けて準備を進めています。

「病院前大乱闘」で逮捕された《クルド人》が日本に再入国していた!

 (デイリー新潮)殺人未遂容疑などで計7名を逮

難民認定申請の悪用抑止を肝とする「改正入管法」が全面施行された。朝日、毎日、TBSなどのメディアは早速これに難癖を付けたが、「難民」に関してはこれらメディアが報じない「不都合な真実」もある。埼玉・川口市の病院前での大乱闘で逮捕されたクルド人は再入国を果たしていたというのだ――。 日本に来る「難民」の実態の例として、ここ数年話題となっている埼玉県川口市に集住するクルド人の例を挙げてみよう。  クルド人とはトルコやイラン、イラク、シリアなどに住む、国を持たない民族。30年ほど前から川口市では、トルコ国籍のクルド人が住み始めるようになり、現在、その数は2000人とも3000人ともいわれる。そのほとんどが難民申請をしているか、それが却下されたものの、入管施設への収容を健康上や人道上などの理由で解かれている「仮放免」の状態にある。  文化の違いもあり、クルド人は地域住民との間にあつれきを起こしてきた。騒音や危険運転、執拗(しつよう)なナンパや地域ルールの逸脱。こうした事例が相次ぎ、地元住民の不安が高まっていたのは、既に多くのメディアで報じられている通りだ。 「そうした不安が爆発するきっかけとなったのが昨夏の、病院前での乱闘事件です」  とは川口市周辺でのクルド人問題を取材する、ノンフィクション作家の西牟田靖氏。  昨年7月、市内で女性を巡るトラブルによりクルド人同士がけんか騒ぎを起こし、1人が刃物で切られて川口市立医療センターに運び込まれた。そこに双方の親族や仲間のクルド人が100人以上集まり、乱闘に。これによって救急搬送の受け入れが5時間半もストップしたのだ。殺人未遂や凶器準備集合などの容疑で計7名のクルド人が逮捕された。

過去に暴行容疑、器物破損容疑でも逮捕

 逮捕された7名は、後に嫌疑不十分などの理由で全員が不起訴となった。これは埼玉県警にトルコ語を解する職員が少ないためとも指摘されているが、 「7名のうち一人は昨秋、トルコに帰国。しかし、5月に日本に戻ってまたトラブルを起こしていました」  と明かすのは、さる入管関係者である。  帰国後、再び戻ってきたクルド人男性は25歳。 「2013年に不法入国しました。すぐに退去命令が出ましたが、それに従わず、1年後に難民申請を行いました。その2年後に不認定となった後には暴行容疑、さらにその後、器物破損容疑で逮捕されています」(同)  病院事件が起こった時には、2回目の難民申請の最中だったという。 「事件ではけんか相手の頭や顔を切りつけ、大けがを負わせた末、自分も右の前腕をナイフで切られている。縫合手術をしましたが、予後が悪化し、右の人指し指を切断しています」(同)

「床に寝そべり“帰りたくない”“救急車を呼べ”」

 その後、2回目の難民申請を取り下げ、本人は昨年11月、トルコに帰国したが、 「この5月、弁護士から上陸特別許可を求める上申書が出された。右腕の治療とリハビリを日本で行いたい。また、病院に200万円の未払い金があり、それを支払いたいし、日本に親族もいるから、というのです。もちろん上陸拒否をしたのですが、本人がその日、羽田に来て、“帰りたくない”と床に寝そべり、“救急車を呼べ”と大声で叫ぶ。仕方なく羽田の収容施設に入れました」(同)  男性の目的は川口に戻ること。そこで彼は、 「ハンガーストライキを始めた。脱水や低血糖の症状が出たので仕方なく仮放免の措置を取り、外に出したんです。しかし、手術をした病院に改めて聞いても、右腕についてはこれ以上の治療や処置は不要だという。しかも、昨年入院していた際も、病室で暴れたり、不満を述べたりして大変だったと。そこで強制退去の処分にしました」(同)  それでも男性は抵抗をする。 「クルド人の仲間が車5台に分乗し、20人近くで入管に押しかけ、抗議に及んだ。護送官付きでようやくイスタンブール便に乗せたんですが、本人は“すぐにまた来る”“私は金持ちだから日本でもトルコでも良い生活ができる”と毒づいていましたし、日本にいる本人の家族も“すぐに再来日させてやる”“弁護士やマスコミもいっぱい連れて来る”と抗議していました」(同)  彼の送還の費用は全額、国費から出ているが、こうした人物を果たして「難民」と呼べるのだろうか――。  6月20日発売の「週刊新潮」では、前出のノンフィクション作家・西牟田靖氏や地元、川口市の市議が明かす「川口クルド人問題」の裏側について詳しく報じている。 「週刊新潮」2024年6月27日号 掲載

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/3941b5b677fc136a34a741b2a0b1661c6e619075?page=1

https://x.com/onoda_kimi/status/1803275704949416255

みんなのコメント

  • 小野田さん ありがとうございます。 実現に向け、よろしくお願いいたします。応援しています
  • 岸田政権で永住許可取り消し可能、難民申請三回以降強制送還可能になりました。 入国拒否の強化も期待しています
  • また川口大乱闘組のクルドが再入国してるんか
  • 入管買収されてない?
  • 速やかに強制送還も大事ですし そもそも入れない(厳格に)のが肝心すよね。 お疲れ様でございます
  • どこの国の空港発で日本に来たんでしょうか もしトルコなら迫害されてるってのはありえないし
  • 難民はそもそも自分の国に帰れないと思っていたのに、それh違うみたいですね
  • 今の時代、入国拒否者をチェックインカウンターでなんとかできないのでしょうか? おそらく、それなりにあるとは思うのですが、日本発で世界的なシステム構築を! 日系航空会社なら現段階でもできますが、まずは航空アライアンス内で何かできないのでしょか? 言いっぱなしで申し訳ありません
  • 確かに‥。 再入国するのは日本にコミュニティができちゃって居心地が良いのかな‥。日本人が入るのに不安を感じる地域ができるのは治安的に問題
クリックして共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA