MENU

【那覇市職員】メンタル不調で93人休職「業務に対する不安」などが原因

 メンタル不調(精神疾患)により30日以上の休暇や休職をしている那覇市職員が2023年度に93人に上り、統計を開始した16年度以降、22年度に続き過去最多となったことが13日、分かった。  

発症原因は部署異動などによる「業務に対する不安」が最も多く、次いで「職場での人間関係」の悩みなど。  

30日以上休んでいる職員数は年々増加傾向で、21年度は77人だったが、22と23年度はそれぞれ93人と急増。19年度は71人、20年度は76人だった。13日の同市議会6月定例会で、金城亮太議員の一般質問に島袋久枝総務部長が答弁した。  復職支援を行う担当者によると、休職者数はコロナ禍後から増えており、新型コロナ対応による業務の変動や業務量の増加、人間関係の希薄化などが要因と推測している。市では保健師が休職者の現状把握を行い、復職支援に取り組んでいる。(社会部・玉城日向子)

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/f191a25b6356ba04c8ca3048871f70c3e958d8a6

みんなのコメント

  • 患者さんから、公務員って特殊な場所で、かなりギスギスしていると聞きました。 それにしても93人って多いですよね
  • 原因の調査をしてほしいですね
  • 那覇市職員の93人休職って通常業務とかだいじょうぶ?在職者に負担もかかっていてこれからが心配!
  • 30日以上の休暇や休職をしている那覇市職員が2023年度に93人… コロナなどの影響もあるでしょうが、そんなに労働環境が悪いのでしょうか…?
  • 市役所って普通の企業より効率化が進んでおらず、ブラックなイメージ。100人近くメンタル不調になるってことは、そういうことだよね
  • これ、市の業務には差し支えないのか心配になります。 職員のメンタルも心配なんですがそれよりも市の機能が正常に機能するのかが気になります
  • ブラックが浮き彫りになった感じですかね
  • どうしてそうなるんだ!!!説明しろ那覇市!!!! みたいな事を日常的に言われる職場なんでしょうか
  • 国からの業務が増えてるのかな。。。?
クリックして共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする