低知名度の石丸伸二氏躍進 「国政当然考える。例えば衆院広島1区」

政治

過去最多の56人が名乗りを上げた七夕の首都決戦を制したのは、現職の小池百合子氏(71)だった。7日投開票の東京都知事選で、堅調に3回目の当選を決めた小池氏。街頭では批判的な聴衆のやじにも見舞われたが、子育て支援をはじめとする2期8年の実績を強調し、選挙戦を終始リードした。

 前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏(41)は国政政党の推薦や支持を受けず、選挙戦前に全国的な知名度があったとは言えなかったが、「政治再建」を掲げて若年層や無党派層に浸透し、躍進した。

 現職当選確実の一報が流れた7日午後8時。東京都新宿区の会場では、集まった支援者から落胆の声が漏れた。ただ、出口調査結果で2番手につけていることがスクリーンに映し出されると、拍手が起こった。

 石丸氏は壇上に上がり「皆さんの力をちょうだいした。できることは全部やったと言い切れる」と言って支援者に頭を下げた。結果については「都民の総意が表れた」と述べた。

 そのまま記者会見に移行し、今後の政治活動について尋ねられると「まだ決めていない。(国政進出については)選択肢としては当然考える。例えば、衆院広島1区。岸田文雄首相の選挙区」と話した。

 石丸氏は現在の三菱UFJ銀行に入行後、2020年に出身地の安芸高田市長選に立候補し初当選した。

 市長在任中は、対立した議会とのやり取りなどを映した動画がインターネット上で注目された。動画投稿サイト公式チャンネルの登録者数は約29万人に上る。

 都知事選には今年5月に立候補を表明。徹底した街頭宣伝とSNS(ネット交流サービス)での拡散を併用する選挙戦を展開した。街頭演説は1日10カ所以上を回り、その模様の動画を投稿。聴衆にも動画の拡散を呼びかけた。【米江貴史、春増翔太】

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/f126adfe3cb5c55e47df447e3e5f3f06c9a9f765

みんなのコメント募集中

  • 売名で上り詰める作戦か
  • インタビューは悪印象。トップを目指すのであれば、言葉と態度を選んで欲しかった
  • さまよえる意識高い系自分探しに夢中な前髪男子。 早く自分がやりたいと思えるものが見つかるといいですね。
  • 昨日の受け答えを見て、人の上に立つのはまだ早いんじゃないかと思いました。。。
  • 本当に クズですね

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP