【月76,000円/一人当たり】「難民申請さえすればもらえるお金」仮放免への” 保護費 ” を増額!4人家族(子ども2人/12歳以上)の場合は約348,000円?

国内

桃色メガホンさんのポスト】

2024年4月~ 「難民申請さえすれば」もらえる 保護費 ” しれっと増額しやがった。 去年2023年4月 難民支援ネットワーク団体 「なんみんフォーラム(FRJ)」が外務省と交渉 法務省じゃなくて、外務省!? 日本人働いて 不法滞在者現ナマ贈呈マシマシ 子供12歳以上なら、76,000円/月 増 !! ざーけんな https://refugee.or.jp/report/refugee

/2023/10/hogohi/#identifier_12_13979…

難民支援協会

生活困窮が認められた難民申請者への政府による公的支援2(難民申請者に対する保護措置・以下「保護費」という)は、インドシナ難民受け入れ後、1981年に日本が難民条約に加入したことがきっかけで1983年から実施が開始されました。業務は、政府(外務省)からの委託で、財団法人アジア福祉教育財団の難民事業本部(RHQ)が実施しています。 保護費には、生活費(2,400円/日、12歳未満は1,200円/日)、住居費(単身:4万円/月、4人家族:6万円/月が上限)、医療費(立替払い)があります。来日直後で就労許可も住まいもなく、生活が困窮する難民申請者にとって、唯一の公的支援であり、セーフティーネットです。しかし、上の図で示す通り、保護費が支給されるまでの待期期間が長く(詳細は3-2)、その間にホームレスに陥ってしまう人がいるという深刻な課題があります。

 寄付で支える 3-3 支給額が不十分 支給される生活費は、単身で月約72,000円、4人家族(子ども2人)の場合は約216,000円です13。住居費は、単身で上限4万円、4人家族以上の場合は上限6万円です14。貸貸契約は難民申請者本人の名前で結ばねはならず、敷金礼金などの前金は支給されません。絶対額も少なく、「最低限の生活を保障」する生活保護と比較すると、支給額は86% (都内 区および市の場合)です。 日本でゼロから生活を立ち上げるために必要な家や日用品、寝具、子どもの教育にかかる費用、難民申請手続き中にかかる費用(入管出頭のための交通費や在留資格更新代など)もすべて、保護費の中で賄わなければなりません。近年の物価や光熱費高騰の影響で難民申請者の生活もますます苦しくなっています。医療費については立替払いのため、現金を工面できない場合は受診を控え、症状を悪化させてしまう人もいます。

引用元 https://x.com/momoiromegapho/status/1793220950286368982

みんなのコメント

  • 出資者は誰なの?
  • あら、随分運営費のかかる場所に事務所があるのですね。 …そういえば広尾は高級住宅地のイメージがあるのですが、公立小中学校は支那人がかなり多いんですよね。 何でだろう…おかしいなおかしいな
  • 違法行為ではないのか?これはこれは国民に拡く知らせる必要があります。 日本人で生活に困窮しているシングルマザーやヤングケアラーを支援する方が優先だと思います
  • おかしいです! そんな奴らに払うお金
  • 難民申請が3回も出来る事がそもそも間違い。元々の案は2回だったはずです。(1回で十分ですが)申請却下になったら直ちに帰国させるべき。パスポート持って入国して90日たったら難民申請ってパターン化されてますよね。送還忌避なんて認める必要ない。ちょっとでもごねたら再入国禁止で
  • 手取り35万は年収550万に相当します
  • 無茶苦茶だ
  • これって、難民でもないのに難民申請してる連中にも適用されるのですね?
  • 国民年金やナマポより貰えてね?
  • 日本に来て難民申請すれば働かなくても生活が出来るなんて凄いね!夢の国日本! 日本人は薄給と物価高で生活苦に喘いでいる。 難民の支給金レベル以下の収入でも税金は払わなくてはならない。 いつから日本は日本人の為の国では無くなったの?
  • これ実質 生活保護だよね

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP