イギリスで唯一のパンダ 中国に返還へ

注目の記事


イギリスで唯一パンダを飼育している動物園が、年内にもパンダを中国に返還します。イギリスにおける中国の「パンダ外交」が一旦、終止符を打ちます。

イギリス北部・スコットランドにあるエジンバラ動物園で30日、中国に返還されるパンダのオス・陽光と、メスの甜甜の一般公開が最終日を迎えます。動物園では2011年からパンダ2頭を年間100万ドル、日本円で約1億5000万円で(直近2年間は半額)中国からレンタルしていて、返還の理由として契約期間の終了などを挙げています。  パンダの飼育をめぐっては、新型コロナの影響で動物園の経営が苦境に陥り、2021年にエサ代の高騰や高額なレンタル料を理由に、動物園側はパンダの返還を検討していると発表していました。中国は外交手段として各国にパンダをレンタルしていますが、これでイギリスの動物園からパンダはいなくなります。  2023年2月には、北欧・フィンランドの動物園でもパンダの飼育が経営を圧迫しているとして中国への返還が検討されるなど、各国で中国のパンダ外交が転換期を迎えています。(ANNニュース)

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cb68c6bb2065ff64ddf9e436f9a71478e6a2d86f?source=sns&dv=sp&mid=other&date=20231130&ctg=wor&bt=tw_up
あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

みんなのコメント

  • 逆に、イギリス・フィンランドは、すごいね。 ちゃんと「契約満了」という口実を立てて。 あと記事で初めて知ったのですが、「友好の証」と無償じゃなく「レンタル(2頭で年100万ドル)」なんですね? 仙台市・公明党は、幾ら負担か明らかにしますよね?
  • 朗報ですね。 要らん要らんて縫いぐるみで充分、写真で充分、元々中国のモノじゃないし。
  • 仙台のあのオバハン何を考えとんねん!
  • 皆さん、外交というものを良くご存知ですね。弱くなった敵は、叩くもんです。
  • 仙台市はバ力なんですかね?
  • いらね〜山口の自宅に送りつけて山口に支払わせろ
  • 日本も返してほしいですね〜
  • 「盗品」を貸してくれって、仙台市もどうかしてますね。パンダはチベットの野生動物。
  • チベットへかえしてあげましょう
  • イギリスGJ
  • 時代に沿った政治を行うべきで、パンダなど今更珍しくも無い動物に高いお金をかける時代錯誤な活動には声上げる必要があると思います。
  • そもそもパンダで外交ということ自体に違和感
  • 借りなかったら死人が出るんかな?
  • 元々はチベットの財産。 それを利用して、金儲け。 世界の動きから何も学ばない、仙台市長。 面白いですね。w
  • 郡市長の人気取り手段 仙台在住時、テレビ局でアナウンサーやってたけど、アナウンサー出身議員に、まともな議員居たかな?
  • パンダいらんで。
  • 日本がってか仙台がやばすぎますねぇ。仙台市長がやばい感じします(´Д`|||)
  • パンダもういらない
  • 米国内のパンダは各地動物園から一斉に返還が始まり、英国でも中国との手切れパンダの返還を決めた。 最大の被害者である 日本の反応は例によつて大変鈍い。 何故、日本は見切りが出来ないのか? 過去多くの場面で日本は見切りが出来ずに被害を拡大する傾向にある。 今一度、見切り千両 損切り万両!
クリックして共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

注目の記事


注目の記事

コメント

コメントする

CAPTCHA