【悲報】トヨタ、中国テンセントと提携 EVにAIやビッグデータ

国内

【北京=多部田俊輔】トヨタ自動車は25日、中国ネット大手の騰訊控股(テンセント)と戦略提携すると発表した。トヨタが中国で販売する電気自動車(EV)で、テンセントが人工知能(AI)やクラウド、ビッグデータなど3分野で協力する。中国はEVが急速に普及し、中国勢の攻勢でトヨタの中国販売は苦戦している。次世代車の要となる車載サービスで中国企業と連携し、開発速度を引き上げる。

25日開幕した世界最大級の自動車展示会である「北京国際自動車ショー」で、トヨタの最高技術責任者(CTO)を務める中嶋裕樹副社長が記者会見で発表した。今年中に共同で開発したサービスなどを搭載した車両を投入する。

テンセントは10億人以上が利用するSNSを抱えるネット大手で、自動車分野を成長領域と位置付けて強化している。トヨタはEVのIT機能で先行する中国勢に対抗する。

中国メディアによると、テンセントは独フォルクスワーゲン(VW)傘下のアウディなどと提携している。

中国ではEVの普及と同時に車内の様々な操作とスマートフォンを連携するなどの利便性が人気を集めており、自動運転技術との連携も進む。

中国ではスマホ大手の小米(シャオミ)、ネット大手の百度(バイドゥ)、華為技術(ファーウェイ)などが自動車分野に力を入れている。

中国では2023年にEVの販売台数が前年比2割増え、668万台を超えた。国際エネルギー機関(IEA)の予測では、中国のEV(PHVも含む)市場は30年に新車全体の3分の2を占め、35年には85%に達する見通し。中国政府の政策支援もあり、巨大EV大国として存在感が高まっている。

引用元 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC250SU0V20C24A4000000/

みんなのコメント

  • あーあ…
  • 自動運転を考えると中国政府が中国内の地図データを管理させるはずもないので、中国で売るなら仕方ないと思う。
  • あり得ない。デカプリングするように言われている時にこんなことするとアメリカからトヨタごと制裁の対象にされても良いのか?
  • 頼む 頼むから嘘だといってくれ
  • 撤退の始まり?

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP