国貧しくする外国人政策  政策シンクタンク代表・原英史

政治

外国人の技能実習制度の見直しなどを内容とする出入国管理法等改正案の国会審議が始まった。

26日、衆院法務委員会で参考人質疑が行われ、私も参考人の一人として陳述を行った。私の述べた意見は、技能実習など個別制度の手直しの前に、まず「外国人基本法」を制定し、受け入れの戦略を明確にすべきだということだ。

政府は従来、なし崩しで外国人政策を進めてきた。表向きは「移民は受け入れない」と言いつつ、実態は安価な外国人労働力の受け入れが拡大した。日本人に十分な賃金を払って人材確保できない企業や業界が、安易に外国人労働者に頼り、入管行政も要望に応えた。「国際協力」が目的の技能実習制度などの悪用を政府が容認してきたのだ。

この結果、劣悪な労働環境や失踪などの問題が生じ、外国人による犯罪、社会的トラブルなども広がりつつある。業界・企業が賃上げせず事業継続する道が用意され、賃金水準低迷の一因となった。今回の改正案はこうした根本問題を解決するものではない。「技能実習制度の廃止」を掲げ、実態とかけ離れた国際協力の名目を人材育成などに改めてはいるが、実質大きく変わった点といえば、転職を認めた程度だ。看板の掛け替えに近い。

引用元 https://www.sankei.com/article/20240428-7IRYKFFZSFP2TFLRAJTQM47IVE/

みんなのコメント

  • もう手遅れだよね
  • 時期政権には現状を全て反故にする強い舵取りをして欲しい。期待薄だけどね。
     
  • 移民政策の結果日本人の給与も上がらず少子化になり、日本人が減少する可能性にもっと危機感を持った方が良い。
  • 現実逃避し過ぎだ
  • 今までのなし崩しではなく、 「外国人基本法」をつくって、 しっかり管理しろ と言う事ですが、大賛成です。 移民を一切認めず労働力のみ。 期限が過ぎたらかならず母国に帰す シンガポールは、 実際にやっていますね

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP