動画【コンゴ民主共和国出身夫婦】夫は難民申請を繰り返しその間は働くことが可能。妻と子どもは不法滞在で仮放免状態…12年不法滞在なのに片言の日本語でお涙頂戴の女性

国内

Cat すずさんのポスト】コンゴ民主共和国出身の夫婦。2008年に来日。難民申請をするが棄却される。日本で2人の子どもをもうける。子ども2人は日本生まれの日本育ち。夫は難民申請を繰り返し難民申請中は働くことは可能。妻と子どもは不法滞在で仮放免状態。ガス代を滞納してガスが止められる。コンゴ人妻「ガスが止まっている」ガス会社「39,000円お支払いいただければ、ガスをお使いいただけます」コンゴ人妻「少し少し大丈夫ですか?今は子どもいる。あと寒い」ガス代を滞納して「子どもいる」とか「寒い」とかは通用しない(怒)。不法滞在なのにお涙頂戴は通用しない(怒)。 この放送は2020年11月なので日本に12年住んでるのに、日本語がカタコト過ぎる。

引用元 https://x.com/Catsuzuchan_01/status/1785287711894773883

みんなのコメント

  • 難民申請がすぐに何回もできるのがそもそもおかしな話 1回棄却されたなら強制送還で相手国に費用請求+数年間は難民申請を出来んようにしろ
  • コンゴに返してあげて。支援者の方たちにお願い。きってこのかたたちは、コンゴの国を良くすることに貢献してくれます。コンゴの暖かい気候の中で
  • コンゴからだと普通はベルギーに行くはずだし、ベルギーなら特別な理由もなければ受け入れるはず。それなのにあえて日本に行けたほどなら相当の富裕層。どうして貧乏人の真似するんでしょうね?
  • これはガスを滞納しすぎてるな ガスはタダで使えると思ってたんちがうか 寒い時期なら石油ストーブ買ってきて、その上で料理したほうがまだ食える 正直、これで可哀想にってならない ガス会社可哀想にってなる マニキュア塗ってる場合じゃない
  • 外国人同士が結婚しても、その子供達は親の国籍 日本国憲法を外国人でも守らなければいけない 海外で生活する覚悟とリスクは、当たり前の世界共通です

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP