【小池都知事】学歴詐称疑惑は底なし…「モンスター」にしてしまった大手メディアの罪[日刊ゲンダイ]

国内

 その女(ひと)は屋形船のへさきに座り、夜の大川の流れをじっと見ていた。

 彼女は、私が主催した納涼懇親会に知人に連れられてやってきた。だが、酔客たちのバカ騒ぎの輪の中には入らず、口数も少なかった。

「竹村健一の世相講談」のアシスタントキャスターをしていた頃ではなかったか。触れなば落ちんという風情だった。

 彼女がその後、国会議員から都知事になり、“女帝”と呼ばれるようになるとは想像もできなかった。

 小池百合子都知事(71)の学歴詐称疑惑が再び問題になっている。発端は文藝春秋5月号に掲載された元側近、小島敏郎の告発手記だった。

 2020年の都知事選前に、ノンフィクション作家の石井妙子が上梓した「女帝 小池百合子」(文藝春秋)の中で、小池のかつてのカイロ時代の同居人女性が、小池のカイロ大学卒業は作り話だと告発したことがあった。 これを機に、都議会自民党共産党が「小池百合子都知事のカイロ大学卒業証書・卒業証明書の提出に関する決議案」を提出して大騒ぎになった。だが、突然、駐日エジプト大使館がHPではなくフェイスブックで、カイロ大学長名入りの声明文を英語と日本語で公表した。そこで小池がカイロ大学文学部社会学科を卒業したことを証明するとしたことで、疑惑は晴らされたことになり、都知事選で小池は大量得票して再選を果たした。

続きを読む
引用元 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/339527/3

みんなのコメント

  • モンスターを超越してますよ
  • メディアもぐる!
  • 確かにな 報道が小池に投票を誘導したからな 都民有権者が間違いに気づくかが課題である
  • メディアは話題性があるかどうかが問題で、良し悪し似興味がない。 この話題でネタを集め続ける自信がなかったんだろう
  • こんな嘘つき知事を引きずり下ろせない。おかしいぞ

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP