【悲報】《修理費6億円?》学校のタブレットPC、日本全国で壊れまくってた/埼玉県内の《自治体が負担》

国内

小中学生に1人1台のタブレット端末などを整備する「GIGAスクール構想」が進められていますが、NHKが埼玉県の人口10万人以上の21の自治体を調べたところ、昨年度、破損や故障して修理や交換が必要になった端末が1万5000台あまりにのぼり、対応に必要な費用は6億円を超え、各自治体が負担していることがわかりました。
経年劣化で今後さらに修理費がかかる事態も予想されていて、課題となっています。

文部科学省によりますと、全国の小中学生には1人1台のタブレット端末や学習用のパソコンがほぼ整備され国の「GIGAスクール構想」が本格的に進められています。

続きを読む
引用元 https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20240409/1100018569.html

みんなのコメント

  • 安物買いの銭失い
  • どの会社のタブレット選ぶか秘密裏耐久試験してから選べよ(# ゚Д゚)
  • よくある話ですね。 数字で見ると、万単位の台数と合計金額が億円単位です。 そこから10%安くなると見栄えが良くなる。 ユーザー、メンテナンス、会計、指導部の壁は厚いです
  • 文科省というか日教組思想利権?
  • アホだ…中国製と言う時点ですぐに壊れるのが前提だろーが…しかもアフターケアーなどある訳もなく壊れても知らないフリされるに決まってる…誠実・信頼と一番遠い民◯と言う事を理解していない…

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP