【川勝平太】「リニア開業延期で責任果たした」立民渡辺氏に後継打診

国内

 6月の県議会で辞職すると表明した静岡県の川勝平太知事が、立憲民主党の渡辺周元防衛副大臣(衆院比例東海)に事実上の後継打診をしていたことが3日、分かった。渡辺氏が同日、国会内で記者団の取材に明らかにした。自身の知事選出馬については「国政ですべきことが目の前にいくつかある」と述べるにとどめた。突然の辞職表明に県内の首長らからは驚きの声が相次ぎ、波紋が広がった。県は川勝氏が3日午後3時半ごろから記者団の取材に応じると明らかにした。

続きを読む
引用元 https://www.chunichi.co.jp/article/878302

みんなのコメント

  • 言質とれたので、 JR東海は損害賠償訴訟すること。すぐやれ
  • マジで意味が分からんのですが… 延期させる事自体が目的であったなら、偽計業務妨害に該当せんのか?
  • やはりこの国にはスパイ防止法が必要だな
  • 静岡県民の皆様へ 皆様が推した川勝知事は大井川の水源を守る為でなく、リニア工事を遅れさせる為の材料にしか思ってませんでしたよ。これをどう考えてるのでしょうか?
  • これはひどい。延期が目的だったと。水源ガーとか自然ガーとか言ってたのは口実と

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP