【7割の人が望む「FIRE」】“資産3000万円で節約しながらのリタイア生活”は幸せ?カンニング竹山「何が楽しいの?」ひろゆき「それを続けられるのも1つの才能」

国内

 あるアンケートで今、働く男女の約7割がしたいと答えたのが、「FIRE」。Financial Independence Retire Earlyの頭文字を取った言葉で、若いうちにその後の人生に必要な資産を貯めて早期退職し、お金を気にせず悠々自適に自由に暮らすライフスタイルのことだ。 【映像】一度断念も再FIRE 当事者の1週間の過ごし方  街で聞くと「したい」という反応が多く寄せられるように、まだまだブームは続きそうだが、一方では達成した人から後悔の声も。『ABEMA Prime』では当事者を交えつつ、FIREの形と生き方について考えた。

■一度断念も再FIRE、当事者語る“苦悩”

「FIREは幸せな人とそうじゃない人の2つに分かれる」

 FIREを達成した後に世界を一周、note で情報発信を行うYOSUKEさんによると、FIREして幸せを感じられる人と感じられない人に分かれるという。「後者の典型的な例は、“資産額をいくらにしたい”というところに執着し、目的がない状態の人。“思ってたのと違う”というふうになる」との見方を示す。  3年前に5500万円を貯め、当時34歳でFIREしたあんぱんさんもその1人。「初めの3カ月ぐらいはゆっくりできて幸せだったけど、1年ぐらい経ったら“向いてないな”と鬱っぽくなっていった」と話す。

あんぱんさん、FIRE失敗の経緯

週7日の自由時間を手に入れたものの、徐々に暇を持て余すようになったほか、生産性がない生活から達成感が得られないことに苦悩。社会人の時には感じなかった“社会とのつながり”を欲するようになった。 「それまでハードな仕事をしていたので、とにかくゆっくりしたりゲームしたりしたかった。しかし、ずっと家にいると社会とのつながりもない。みんなは週5働いている、自分は週7休んでいるとなると、自分だけ立ち止まっているような感覚になり孤独感を覚えた」

FIREしたい人は7割

 その後、2022年に再就職し、宮城県へ移住。翌2023年に1年1カ月で退職し、東京へ移住。資産1億円を達成し、今は2度目のFIRE生活の真っ只中だ。「資産は平均すると年間1500万円ぐらい増えている」「今は単発の仕事をたまにするぐらいで、働いていない。めちゃくちゃ楽しい」。

■“リーンFIRE”は幸せ? ひろゆき「それを続けられるのも1つの才能」

FIREの種類も様々

 FIREにも様々な種類があり、労働なしが前提の「ファット(王道)FIRE」「リーン(節約)FIRE」、労働ありが前提の「サイド(副業)FIRE」「バリスタ(パート)FIRE」「コースト(ゆったり)FIRE」がある。  このうち、あんぱんさんはリーンFIREと言われることが多いという。「年間の生活費が300~400万円ぐらい。自分ではリーンだと思っていない」。また、「記事で見たのは、FIREした人の平均資産は3000万円。FIRE界隈のオフ会にも参加しているが、生活を切り詰めている人も多い」という。さらに、節約生活について次のように説明する。 「ほとんど収入がなくなると住民税非課税世帯になるので、税金や年金はほぼかからなくなる。住居は工夫して、ボロ戸建てなどを選べばほぼゼロにできる。あとは食費だけだが、そこをミニマムにしている人もいる。ある意味サバイバルだ」

ミートたけし氏

 こうした“働かないこと”に重きを置いたFIREについて、ベーシストでYouTubeでのゲーム配信なども行うミートたけし氏は「それは長期休暇と何が違うのか。FIREという言葉に夢はあるが、Financial Independenceが意味するのは仕事に左右されないことだと思う。僕は今、本業でやりたい仕事だけを選んでも食べていけているが、それが経済的自立なのではないか」との考えを述べる。

カンニング竹山

 一方、お笑いタレントのカンニング竹山は「本人が楽しいならいいと思う。ただ正直、“何が楽しいの?”っていうのが本音だ。どうせいつか死ぬんだから、もっといろいろやればいいのにと思う。年金の話も、こっちは働きながら払っているわけだから、働けるなら払ってほしい」と率直にコメント。

ひろゆき氏

 ネット掲示板「2ちゃんねる」創設者のひろゆき氏は「シェアハウスをやっている知り合いが無職の人に住まいと食料を与えていたが、そこに長期間住み続けられる人は本当に少ない。人は何かをしたくなったり、活動しなければならないという思い込みから、その環境に耐えられなくなる。そういう意味では、リーンFIREを続けられるのは1つの才能だ」と語った。(『ABEMA Prime』より)

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/c06c559270b030e9ebbdfd8a8ae8090061ccd1f8?page=1

みんなのコメント

  • 確かに完全なFIRE生活を楽しむには才能がいると思う。自分には無理そう… ストレスの少ないバイトや自分の好きなことで月10万程度を稼ぎながらのFIRE、いわゆるサイドFIREが社会との接点も維持できるので多くの人には向いていると思う。サイドFIREなら3000万程度でも達成できるし。 とはいえ実際に早期退職しなくても「いざとなればサイドFIREできる」という安心感があるだけで会社員でもストレスや不安感が全然違ってくるんだけどね。
  • 私は40歳くらいからセミリタイア感覚でやっていて経済的な不安はほぼない状態ですが、やはり働いている感っていうものが足りないとどうしても精神的に不安定になる気がしてます。 こればかりはお金の問題ではないので、報酬が低くても働いていると実感できる何かを始めるのがおすすめです。 ただ、3000万円ではそもそも不安すぎるのでせめて2倍くらい貯めるまでは頑張って働いた方が良いと思いますよ
  • FIREを楽しむには2つの条件があると思う。一つはやりたいことがあること。旅行にしてもスポーツにしても趣味として熱中できるものがること。2つめは好きなことをして生活していても資産が増えるか、少なくとも減らないこと。配当収入なり、家賃収入なりが定期的に入ってきて、将来的に生活資金に心配がないこと。この2つがある人はFIREは楽しいと思う。
  • 2億くらいあれば年間800万くらいになるってYouTubeで見たけど、3000万でFIREって利回りどれくらいなんだろう。 1人で生活するにも年間300万くらいないと厳しいと思う。FIREして節約して生きていくくらいなら今まで通り仕事をしつつ休みに海外旅行とか高級レストランで美味しいもの食べるとか生活を豊かになる事に使いたい。
  • まぁ働きたくない、人と接するのが苦手という人にとってはFIREはいいのかな? ただダラダラ過ごすのではなく逆に自分でスケジュール、1日のルーティンを決めてしっかり健康的な生活をできれば結構楽しそうだけど。 意味もなく過ごすと生きる意味や虚無感などいらんこと考えそうだから、たまに責任のないボランティアなどで人や社会と接するのも心の健康のためには必要かもしれないね。
  • 自分も40歳くらいからFIRE生活ですが、むしろやりたいことが多すぎて、まだまだ時間が足りないですね。仕事は仕事で楽しかったけど、自分が本当にやりたいことをやるには、やりたいわけでもない仕事に時間を使っていては駄目だと思った。 今は毎日好きなことを勉強して、好きなものを作って、ネットで公開して意見を貰ったりして、ほとんどお金にはならないけど、とても楽しい。
  • 私は約4年前、一年ほど無職で生活しました。ちょうどコロナ禍で行動範囲に制限があったものの、毎日生活しているだけで楽しくて幸せでした。 トレードや色々な分野の勉強をして、たまにハイキングに行くなど自由きままに過ごしていましたがその生活に全く飽きることはありませんでした。 トレードで生活できるほどの資金や腕がなかったので生活のために仕方なく就職、今に至ります。 私は自信をもってFIREできるタイプの人間だとその時思いました
  • 自分も半年くらい仕事しない時あったが、有り余る時間に飽きてくるし、周りは遊んでくれる人もいないから、やっぱりしんどくなるんだよね。仕事ってある意味究極の暇つぶし。その後、自分のペースでゆるく仕事出来て、人間関係にも恵まれた職場で仕事出来るようになったが、楽しいし、幸せに思っている。以前は、大きい会社だけど、人を人とも思わない働かせ方する会社で、人間関係も殺伐としていた。見栄の為に自分の人生の時間を随分無駄にしたと思っている。 人間、お金あると時間がなくて、時間があるとお金がないものだが、その中間くらいが一番良いように思う
  • FIRE生活が楽しいかと訊かれたら、大して楽しくはないけれど、楽であるのは間違いない。労働自体はそれほど嫌ではなかったが、それに纏わる人との関わりにとてもストレスを感じていた。特に、大した能力もないのに先輩とか上司という立場ってだけで、偉そうにしてくる人たちと関わらなくていい生活は非常に心地いい。後、自分はライブやイベントに参加することが好きだが、次の日に仕事がないというだけで、かなり気分が楽になるのも利点だと感じる。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP