【見習え】欧州議会が移民対策可決 難民申請が認められない移民の送還手続きを迅速化

海外

【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州議会は10日、欧州への移民・難民の流入を抑制し、受け入れる場合に加盟国間での公平な分担を目指す新制度案を可決した。移民・難民が最初に到着するイタリアやギリシャなど南欧諸国の負担が重い現在の制度を見直す。

 加盟国で構成する理事会の正式承認を経て2026年から適用する。EUでは昨年11月のオランダ総選挙で反移民を掲げる政党が第1党となり、今年6月の欧州議会選を前に極右勢力台頭への懸念が強まっている。

 新制度案は、加盟国の国境に不法移民が到着した際に速やかに審査し、難民申請が認められない移民の送還手続きを迅速化する内容。

引用元 https://nordot.app/1150891652620304902

みんなのコメント

  • 難民認定申請書の審査期間が、2か月以内に行われます。 次に、難民認定審査「許可/不許可」が決まり、 不認定の場合は、不認定通知を受けてから7日以内に「異議申し立て」をすることができます。 日本も異議申し立てを無くして通知決定後即強制送還するべきでは?
  • EUもやっと本音が出ましたね 綺麗事など言わなければ苦しまなくて良かったのに!
  • 「欧米ガー」な方々は見事なまでのスルー。
  • 良いところは見習ってほしい
  • 福祉にもたれかかったサヨクが「難民を受け入れろ」って騒ぐの、自分より下ができるんで、金を引き出しやすくなるってことなのよね。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP